フォーの店『COYANE』オープン!

by Hasami Life 編集部
フォーの店『COYANE』オープン!

波佐見焼のギャラリー『OYANE(オーヤネ)』のすぐ横に、新しく『COYANE(コヤネ)』ができました。名前の通り『OYANE』よりちょっと小さな屋根の、フォーの店です。



『COYANE』は今年2020年の8月8日にOPENしたばかり。どんなお料理を味わえるお店なのか? 私たちHasami Life 編集部がランチを食べに行き、料理の監修をはじめ深く関わっているフードコーディネーターのNAOさんにお話をうかがいました。

 

NAOさん
代官山、中目黒を中心に20年ほどカフェ・レストランやグロッサリーストアの運営に携わる。そのほか、ファションを中心としたケータリングや企業CMなどのフード撮影なども行う。波佐見町との関わりは、2015年ごろから。人気スポット西の原の『GROCERY MORISUKE』の立ち上げにバイヤーとして参加。今回もフードコーディネートをはじめ、料理指導なども行っている。


波佐見町の素材で、からだにやさしいフォーを。

――
どんなコンセプトで『COYANE』のメニューを開発されたんですか?

NAO
今回のコンセプトは「シンプルでからだに優しいフォー」です。

フォーはベトナムを代表する料理ですが、『COYANE』では異国の雰囲気を打ち出すのではなく、地元の方にも気軽に足を運んでいただける店を目指しています。

本場ベトナムの麺を使用したフォー。

――
「からだにやさしい」というと、具体的にはどのようなところにこだわっていますか?

NAO
まず添加物を使わないということですね。それから、毎日食べても飽きない味を目指しました。

素材にもこだわっています。現在も九州の野菜を中心に使用しているのですが、今後はさらに地元の農家さんとも交流を深めて、この町の食材を中心に使っていきたいですね。フォーの麺も、ゆくゆくは波佐見産の米粉で、自家製のものをお出しできたらと考えています。

――
メインメニューであるフォーはどんなお味ですか?

NAO

フォーのスープは、有田地鶏の出汁をベースに、多くのスパイスとハーブを使った本格派です。具材はチキンとビーフ、シーフードから選べるようになっています。今後は季節に合わせて、野菜のみのトッピングや冷たいフォーもメニューに追加する予定です。


チキンのフォー。単品800円、セット900円。セットでは生春巻きか揚げ春巻きを選べる。パクチーなど香草は別添え。

ビーフは食欲をそそるピリ辛味。単品で900円、セットで1000円。

シーフードにはエビとあさりがトッピングされている。単品で900円、セットで1000円。

セットで選べる、生春巻きと揚げ春巻き。

自家製のスイーツでカフェタイムも。

――
『COYANE』はフォーだけでなく、スイーツやドリンクも豊富ですね。

NAO
運営に携わる西海陶器株式会社の児玉盛介会長からは、「カフェとしての機能も充実させてほしい」とアイデアをもらい、メニュー開発を行いました。

ベトナムシェアNo. 1のコーヒー豆を使ったベトナムコーヒーや、紅茶といったドリンクと、ホームメイドのプリンやベトナムの伝統的なチェーなどのスイーツもご用意しています。おしゃれにデザインされた店内で、リラックスしてカフェタイムを楽しんでもらいたいです。

クリームとベトナムコーヒーの粉末がトッピングされたプリンと、練乳の入ったベトナムコーヒー。各550円。

ごろっと果実のフルーツティー、600円。


マンゴージュースとココナッツアイス。各550円。


ベトナムの伝統的スイーツ・チェー550円。日本のぜんざいのような存在。

――

器も、どれもすてきですね。

NAO
デザートも含め料理を出す器のほとんどは、この地の特産品である波佐見焼を使っています。東京で雑貨バイヤーをしている大澤さんと一緒に、コーディネートを行いました。大澤さんは『GROCERY MORISUKE(グロッサリー モリスケ)』の立ち上げから一緒に参加してくださっている方で、波佐見焼のことも理解してくださっています。

使用する器。どれも波佐見町でつくられた波佐見焼。陶磁器はHasami Lifeで取り扱っているものも多い。


ヘルシーな料理で、新たなランチの選択肢を。

――
NAOさんは普段東京でお仕事をされていますが、波佐見町にはどんな印象をお持ちですか?

NAO
波佐見町に関わるようになって、長崎県を訪れる機会も増えました。おいしいお魚やお肉を食べられる、すてきな土地ですよね。

――
料理の味付けは、違いますか?

NAO
そうですね、波佐見町に来ると、比較的味が濃いものや、油をたっぷり使った料理が多いなあと思っていたんです。

――
窯業や農業などが盛んな土地なので、仕事でからだを動かす人も多く、そういう料理が好まれやすいのかもしれません。

NAO
その一方で、女性を中心に違うニーズも増えてきているように感じています。波佐見町は観光客も増えているので、私たちがランチのバリエーションを豊かにできたら、よろこんでもらえるかなと。ヘルシーなものが食べたいときに、ランチの候補に『COYANE』を入れていただけるよう、これから頑張っていきたいです。

――
NAOさん、ありがとうございました。

 

ランチにも、ちょっとした息抜きにも。

波佐見町だけでなく、長崎県内でもベトナム料理店はあまり多くありません。本格的なフォーが気軽に食べれるのは、とてもうれしいです。今回、私たちHasani Life 編集部がとくに気に入ったのは、デザート! ホームメイドのプリンやチェーに大盛り上がりでした。

『COYANE』は波佐見町に住んでいる方にも、遊びに来た方にも、ぜひ一度立ち寄っていただきたいスポットです。ランチやちょっとした息抜きに利用してみてはいかがでしょう。

 

『COYANE』

<住所>

長崎県波佐見町折敷瀬郷2204-4

<電話番号>

0956-56-7611(8/17に開通予定)

<営業時間>

11:30〜17:30

月曜日と火曜日は定休日

<運営>

有限会社 陶器の窯蔵

 

この記事に関連する商品
この記事を書いた人
Hasami Life 編集部