• HOME
  • おかいもの

出土碗 花

¥1,100(税込)
カラーを選ぶ

花 出土碗

花 出土碗

fav_btn Created with Sketch. お気に入りに追加済み fav_btn Created with Sketch. お気に入りに追加

1940年頃に波佐見町で作られた茶碗。

波佐見町にある窯元・高山で約80年ほど土の中に埋まっていた出土碗です。 2022年4月に発掘が開始され、大量に出土したため、一部を販売することとなりました。歴史の詰まったうつわです。 絵付は「つけたて」と呼ばれる技法。約80年前の職人が輪郭を描かずに、筆の強弱と絵具の濃淡だけで、勢いよくスピーディーに筆を運んで描きました。柄は3種類です。
【蘭】濃く描かれた葉のなかに、薄い色で蘭の花が咲いた柄。一見するとわからないほど簡素化されていますが、あじわいのあるラフさが80年前の当時らしい絵付です。
【十草】何本かの線を一気に引いて描いています。シダ植物から名付けられており、「十草(とくさ)の葉で金を磨くと光沢が増す」ことから、金運を呼ぶといわれている縁起のよい柄です。
【花】花なのか葉なのか。長年波佐見焼を研究する町の学芸員も「初めて見た」という不思議な柄です。当時のどんな植物から着想を得て描いているのか、見る人のロマンをくすぐります。
下記の「関連するよみもの」をお読みいただき、発掘に至る経緯や、歴史、現在の状態などすべてご承知の上でお買い求めください。

※できるだけ綺麗なものを選別していますが、釉薬の上から土の色が沈着してしまっているものがあります。
※鉄粉や釉薬の濃淡、ゆがみなど、現代の良品基準では弾かれるものも商品に含まれます。
※個体差が大きく、高台裏の「高」のゴム印も、押印されたものとそうでないものがあります。
※見た目ですぐわかるヒビや割れなどがある商品以外は、返品交換することができません。


食洗機✕、レンジ✕、オーブン✕、直火✕


φ11×H5.7cm 重量:125g 材質:磁器