• HOME
  • よみもの

  • 器と技
  • 【Hasami Life 掘り出しもの市!】

【Hasami Life 掘り出しもの市!】

by Hasami Life編集部
【Hasami Life 掘り出しもの市!】

Hasami Lifeの倉庫には、数千種類もの波佐見焼が待機しています。正直にいうと、長い間、出番のない器たちもいます。でも、よくよく見たら、お宝も! 理由があって廃番になったり生産ができなくなったりしたもの、アンティークのような珍しい器もざっくざっく。「売れ残りでしょ?」とあなどるなかれ。Hasami Life編集部員の偏愛に満ちたとっておきの掘り出しものを紹介します(不定期更新)。

 

ソフィア ジュエリー丸・中
¥4,300(税抜)
詳しく見る
フラワーメモリー ジュエリー中
¥4,300(税抜)
詳しく見る
※再生産ができないため、在庫限りで終了となります。
※当時8000円で販売していたものを特別に4300円で販売いたします。

 

 

(おすすめのポイント)

日本のバブル期初めの1985年頃に、波佐見町内の窯元“清山”で作られていたジュエリーボックスシリーズ。

少しだけ丸みを帯びたオーバルに、小花などの細かな模様とデザインがなんとも愛らしいです!下絵で線描きやダミを施し、上絵で金、赤、黄、緑などの彩色を施しているんですよ。また、現在の波佐見焼のほとんどが焼成回数1回に対して、今回紹介するジュエリーボックスは下絵焼成1回、上絵焼成2回の計3回の焼成が行われているそうです。3回に分けて焼成を行うわけですから、手間も時間も通常の3倍なんです!金の価格も当時の倍以上になっているため、同じコストでの生産は難しく、上絵のできる熟練した職人が少なくなったので、現在では見ることのできない贅沢で価値あるものなんです!(Hasami Life 編集部末永)

 大きすぎず小さすぎない万能な大きさなので、私は、アクセサリー入れに使ってます!手のひらに収まる大きさは、かわいらしくていいですよ。

 蓋ものは、ゆがみが出たりするため、当時も現在も生産が難しいんです。丸でなくオーバルで作られているのは、特別感を感じますね!

 20年以上使用したものは、真ちゅうを使い込んだようなアンティークの風合いになったり、強い摩擦や衝撃で角の部分が剥がれたりもしていますが、それも味です!小さいものに施されているダミ、線描き、赤や金の上絵付は、考えるだけでも繊細な作業に関心します!

アクセサリーの収納の他、金平糖やブロックタイプの砂糖入れにもいいかも。開ける前から心踊る絵付けを凝らしたジュエリーボックスです!

 

次回も楽しみにお待ちください!

 

この記事を書いた人
Hasami Life編集部