波佐見焼のブランドを築いた立役者・兒玉盛介さんに聞く、波佐見焼の誕生秘話

2021年、春の叙勲において、長崎県波佐見町の焼きもの総合商社「西海陶器」の兒玉盛介会長が『旭日双光章』を受章しました。焼きものの産地・波佐見を牽引し、町の観光にも大きく貢献してきた兒玉さんに「波佐見焼」というブランドが生まれるずっと前からこの産地のことを考え、働いてきた軌跡を伺いました。

窯元探訪【洸琳窯】江添三光さん vol.17 白磁を活かした器に、料理が映える。
【洸琳窯】江添三光さん
――白磁の余白を活かした絵付の器たち。食卓で料理をのせたときに一番美しく見えるようデザインしていると江添さんは言います。今ではプロユースの器として料理人たちから選ばれ、旅館や割烹でも重宝されているそう。実際に料理をのせた写真とともにお届けします。