• HOME
  • よみもの

  • 器と食
  • 花咲くうつわをテーブルに。

花咲くうつわをテーブルに。

by Hasami Life 編集部
花咲くうつわをテーブルに。

少しずつあたたかくなる3月。自然豊かな波佐見町では水仙や菜の花が咲き、しだれ桜も見頃になってきました。この季節、春の花々を感じる器をテーブルの上にプラスしてみませんか? ごはんやおやつの時間を、明るくしてくれますよ。

 

さくら咲くうつわでお花見気分

「さくら」シリーズの おもてなし皿(黄釉)、お取皿(青磁)、小皿(桃釉)、小鉢(桃釉)を使って。

外へお出かけしたりお花見したりするのが難しい時期にも、花の形をした器をテーブルに並べて、プチお花見気分なんてどうでしょう。

「さくら」のシリーズの器で春らしいお料理を並べてみました。ちらし寿司をおもてなし皿に、菜の花のお浸しは小鉢に、金柑は小皿に。お取皿は、取り皿はもちろん、おかずを盛り付けるにも使いやすいです。

このシリーズの器を楽しむコツは、ふたつあります。ひとつは、ちょっとお料理を少なめに盛り付けること。編集部で撮影した際に「余白をつくったほうが、花びらが見えてかわいらしいし上品!」と感じました。

ふたつめは、あえてぴったりサイズの器を選ぶこと。桜餅をあまり余白のできない小皿にのせてみると、食べるときに小皿の桜のフォルムが目に飛び込んできて、二重に春を感じました。ちょっぴりサプライズ感のあるおもてなしに、こんな使い方もおすすめです。

大きさ違いのお皿を重ねると、まるで花びらが重なっているようで綺麗。食器棚にしまっているときにもかわいらしさを感じます。

桜をモチーフにしたデザインで、カジュアルからフォーマルまで幅広いシーンをカバーしてくれる「さくら」。今回は「さくら」シリーズだけでコーディネートしてみたのですが、一番大きなおもてなし皿は1枚あるだけで華やぐので、お手持ちの器と組み合わせていただいても大丈夫です。お祝いなどの際に一枚あると便利です。

電子レンジも食洗機も対応しています。華やかな見た目ですが、普段使いの出番も多くなりそうです。

【SAIKAI】
さくらシリーズ
770円(税込)〜
詳しく見る

縁起のよい梅と竹で、さわやか&キュート!

春に似合う柔らかい色の釉薬を使っている「はふり」。レリーフのように浮き出た釉薬の大柄は、縁起のよい"松竹梅"です。手に取ったときの質感も、この柄ならでは。つるりとした釉薬のかかった部分と、さらりとした撥水加工された部分で質感が異なります。

今回は梅と竹の柄を、さわやかな2色で組み合わせました。お菓子を買ってきて盛り付けてみましたよ。

はふり 長角皿(梅青、梅白)、小付(竹青、梅白)、猪口(竹青、梅白)の組み合わせで。

桜餅やみたらし団子、おまんじゅうなどの和菓子を長角皿に並べました。春がいっぱいの とびっきりティータイムのできあがり。和柄なので、和菓子との相性はバッチリですよ。

長角皿は、数点おかずを並べたり、焼き魚などを盛ったりするのにも使い回しやすいです。お茶を入れている猪口も、カップとしていろんな用途で使えます。

猪口にフルーツあんみつを入れてみました。こんな風にデザートを盛り付けたり、小鉢のように使っておかずを盛り付けたり、用途はいろいろです。

悪運を払う銘「はふり」と運気を呼び込む縁起柄「松竹梅」は、贈りものに最適です。セットの販売もしています。梅の花咲く「はふり」で、胸躍る春のひとときをどうぞ。

【SAIKAI】
はふりシリーズ
770円(税込)〜
詳しく見る

おうちで花見酒なんていかが?

春に飾りたい、桜や梅や桃などの枝もののお花。しっかりした安定感があるフラワーベースに挿してみませんか。「agasuke」のフラワーベース 紅梅 に、春を告げるようなタイミングで開花するユキヤナギを合わせてみました。同じ「agasuke」の片口(さかずき)で日本酒を味わえば、気分はまさに花見酒。

片口は注ぎやすい形状で、キレがよい。盃は、お酒はもちろん、ちょっといいお茶を飲むときにも◎。掘り出しもの市 vol4でも使用。

このシリーズの名前になっている「アガスケ」とは、「格好つけ」などを意味する東北の方言。その皮肉めいた名称とは裏腹に、繊細な手仕事が施されています。磁器本来の魅力が感じられる美しい器です。

なかでも春のテーブルにさし色のように入れたいのが、窯の火によって焼きものが変化する"窯変"を活かした「紅梅」の赤色。ちょっと特殊な辰砂(しんしゃ)という技法で生み出された色は、一つひとつ表情が違います。 同じアイテムでも色味やその出方、範囲がひとつずつ異なるのです。窯変による唯一無二の個性をお楽しみください。

盃(さかずき)はシンプルな白磁と紅梅の色を一緒に使うと、赤がよく映える。

最初に紹介した「さくら」シリーズの小鉢と合わせると、より春の訪れを感じる食卓に。

あざやかな赤色がさりげなく入ると、一気に雰囲気が変わります。上品で大人っぽい、春の食卓をお楽しみください。

【essence of life】
agasukeシリーズ
1,320円(税込)〜
詳しく見る

+++

いかがでしたか? 「会話に花が咲く」なんて言いますが、華やかなコーディネートのテーブルを囲めば、話が弾みそうですね。みなさまもこの春、テーブルから春気分を咲かせてみませんか。

▼春の器、こちらでも取り上げています!
春色のうつわに衣替えしよう!
https://hasamilife.com/blogs/bowl-food/haruiro-no-utsuwa

Hasami Life 編集部
この記事を書いた人
Hasami Life 編集部