• HOME
  • よみもの

  • 器と技
  • ディープなやきもの。Vol.2 ~釉薬~

ディープなやきもの。Vol.2 ~釉薬~

by Hasami Life 編集部
ディープなやきもの。Vol.2 ~釉薬~

特定の世界では常識的なこと、知らなくても困らないけれど知っていたらちょっとツウ(!?)なこと。

窯業界で数多く存在する「ディープなやきもの」情報を何度かに分けてお届けしていきます。

第2回目は『釉薬』について。釉薬ができた歴史などについてクイズを挟みながらご紹介します。どんどんマニアックになっていきますが、ぜひ、クイズに挑戦しながら読み進めてみてくださいね。

取材協力:長崎県窯業試験センター

 

釉薬の始まり

日本では、土から容器を作る「土器」から焼きものづくりが始まりました。次第に窯を築く技術ができていくと、土器よりも高い温度で焼成される、頑丈な器(=陶器)を作る技術も培われていきました。

あるとき、窯の中の温度を高めるために、薪を大量にくべた際、燃えた灰がたまたま生地に付着して反応がおこり、焼いた器に透明なガラス質の光沢ができました。

この自然現象を人工的に作りだしたのが、「釉薬」です。

このころの釉薬には、土灰釉(どばいゆう)、柞灰釉(いすばいゆう)、藁灰釉(わらばいゆう)など、様々な灰で人工的に試した釉薬が存在しました。


クイズ1

柞灰釉(いすばいゆう)に使用される「柞(いす)」とは、木と草どちらでしょうか。


答えはこちら

・柞灰(いすばい)

柞(イスノキ)を焼いて製していたもの。やわらかな色合いとしっとりした釉肌が特徴。

・土灰(どばい)

木の枝や落ち葉などの雑木を燃やした灰から作られる。金属が含まれていないので淡い色合いになる。

・藁灰(わらばい)

稲を乾燥させたわらを燃やしたあとの灰を使った釉薬。酸化焼成をすると白く乳濁した色合いになるため全体に掛けるのではなく、雪がかかったように掛けわけるのが特徴。

この3つの灰は基礎的な釉薬です。この基礎釉に色を付けていくと器全体に色がつきます。

 

進化していく釉薬

現在の基礎的な釉薬(=基礎釉)は、透明釉(とうめいゆう)、マット釉、乳濁釉(にゅうだくゆう)の3種類です。それぞれ器の雰囲気や質感を変えるために釉薬をかけ分けています。

透明釉:焼いた際に溶けてガラス質になるので、器の表面に光沢ができ、透明なので、下地の色が見える。(提供:長崎県窯業試験センター)

マット釉:透明感がなく、表面がざらついている。(提供:長崎県窯業試験センター)

乳濁釉:表面に光沢はあるが、牛乳のように濁っているから下地は見えない。(提供:長崎県窯業試験センター)

クイズ2

釉薬に色をつけるためには、何をするでしょうか。


答えはこちら

基礎釉に金属を含んだ着色剤を混ぜる

やきものは普通の染料では着色することができません。

例えば衣類などに使用される染料は、水に溶かして布などを浸してしまえばいいので比較的、簡単に着色することができます。

しかし、やきものは高温で焼成するため、焼いている間に染料が分解されたり燃えてしまい、色がなくなってしまいます。

そのため、高温でも分解されたり燃えにくい鉱物を使って色を付けています。

ただし金属を含んだ自然な鉱物は無限ではないので、出せる色が限られてしまいます。

鉄、銅、コバルトの3種類の鉱物はそれぞれ発色が違います。また、空気を十分に含ませて焼く酸化焼成と、空気を途中で止めて焼く還元焼成があり、この焼成方法によっても色が変化するのでレパートリーは多くあります。


還元焼成の場合:

青(提供:長崎県窯業試験センター)

天目(提供:長崎県窯業試験センター)

酸化焼成の場合:

アイボリー(提供:長崎県窯業試験センター)

茶(提供:長崎県窯業試験センター)

 

還元焼成の場合:

辰砂(提供:長崎県窯業試験センター)

酸化焼成の場合:

織部(提供:長崎県窯業試験センター)

コバルト

酸化還元ともに:

琉璃(提供:長崎県窯業試験センター)

クイズ3

錆びた赤い鉄(酸化鉄)を釉薬に少量入れると何色になるでしょうか。


答えはこちら

青色になる

鉄は釉薬に溶け込んで、青く青磁の色になり、釉薬が溶け込まない量の酸化鉄を入れていくと、赤色に発色します。他にも銅やコバルトも同じような現象で発色します。

釉薬の色は磁器と陶器でも発色が違ったり、焼成する窯の種類や、窯の中で器が焼かれる位置によっても微妙に変化します。

同じ商品でも作られる時期によって色が違うのはこういったことも要因の一つです。

現在は技術が進歩したことにより顔料を使用し色も増えてきました。

しかし顔料は、色が粒状になっているので、ペンキのようにべたっとした色になります。

一方で、鉱物の場合は、釉薬に溶け込むので透明感があり、ステンドグラスのように発色します。この性質の違いから、思うように発色しない場合も多くあります。

初めは自然現象でできた釉薬ですが、現在では様々なバリエーションの釉薬を作ることができます。同じ釉薬をかけても窯の中での場所や、生地の状態によっても色むらや焦げが出てきてしまうこともあります。

窯元ではそれをなるべく出さないように日々研究をしていますが、窯の中のことも自然現象が多くあるので、まったく同じ器を完璧に作る事はできません。

波佐見焼だけではなく、焼き物全体にそういった性質があります。成形方法や材料によって多種多様な器がありますので、お手元に届いた器や自分で選んだ器を見比べてみるのも面白いですよ。

現代の釉薬については「THE HASAMI-YAKI vol.6」で紹介していますので、こちらも併せてご覧ください。


▶︎『ディープなやきもの。Vol.1 ~パット印刷~』から読む。

Hasami Life 編集部
この記事を書いた人
Hasami Life 編集部